機能性食品という概念が国によってつくられました

80年代の半ばに、機能性食品という概念が、国によってつくられました。機能性食品は、健康に興味がある人が、盛んに利用しています。食品には、3つの要素があるとしています。栄養機能とはカロリーや栄養のことで、人体を保つために必要です。感覚機能とは、味わい、風味、おいしさなどがあてはまります。体調調節機能は、病気にかかりにくい体をつくったり、加齢の影響から体を守る役割です。体調調節機能を重視してつくられた食品のことを、特に機能性食品と定義づけたというわけです。食品に含まれている、体調調節機能を抽出して、効果的に摂取できるように開発されたものが機能性食品です。機能性食品は、医と食はつながっているという考え方に関わりがあります。機能性食品を補給することで、病気になりにくい体や、健康状態のいい体をつくるというものです。この機能性食品という単語は、日本で考案されました。最近は日本以外の国でも、機能性食品という考え方をしています。機能性食品は、薬と違って、何らかの疾患の治療効果があるような書き方はできません。ですが、健康食品の中でも特定の条件を満たすものを保健機能食品という分類に入れることによって、販売時の表記を一部許可するようになっています。保健機能食品として認可を受けた機能性食品ならば、特定の効果を表記することができます。