紫外線を長時間浴びると皮膚によくないと言われて、紫外線カット用品が注目されていますが、なぜ紫外線は害になるのでしょう。一口に紫外線といっても、幾つかあります。紫外線には、昔から地表に来てたものと、以前は届いていなかった種類の紫外線も存在します。肌に良くない影響がある紫外線もあり、この紫外線をカットするために、紫外線の強い日は太陽光に当たらないようにすることです。長い間この有害とされる紫外線はオゾン層によってカットされ、地上にまでは届いていませんでした。オゾンホールの出現など、有害な紫外線を地球がカットすることができない状態になりつつあります。オゾン層の破壊が進んでいることは、多くの人が心配している環境の問題の一つといえます。かつてはオゾン層でカットされていた有害な紫外線が、私達にもとにまで来るようになりました。生物が紫外線の光を長い間浴び続けると、健康を阻害する様々な作用があらわれてきます。生き物の体を決定しているDNAが、紫外線で損なわれてしまうのです。本来DNAには傷がついても修復する力があるのですが、繰り返し傷をつけられると突然変異を起こすことがあります。紫外線を全身に受けつづけていると、皮膚細胞がダメージを受けて皮膚がんになったり、白内障の原因になりますので、紫外線カットは大事です。